お題はレノン・マッカートニー

・・・退屈(´Д`)




あんまり好きじゃないので萌えませんし燃えません
客席に「BONES」のブースとボーンズが来てました
そのまんまです カッコイイ!

アーロン「Long and winding road」
ケイティ「Let it be」
アンドリュー「Can't buy me love」
マイケル「Eleanor Rigby」
クリスタル「Come together」
ティム「All my loving」
ケイシー「Jealous guy」
シボーン「Across the universe」
リー「Hey Jude」

全体的にカラオケもしくは宴会芸っぽく聴こえるのは何故なんでしょう

今週のテフロン・ティム

ランディ「おまえは別のカテゴリーで勝負してる、ティム的にどうだったかを言おう」
ティム・カテゴリー、ここに極まれり
でもサンジャヤ(シーズン6)もそうでしたが、どれだけボロカス言われても自分なりにベストを尽くそうと考えている気がすごくするんですよね


よかったのはケイシーとシボーン

やけに頭クルクルなのが気になりますけど、メイクさんに巻かれたんでしょうね・・
バッキーもTOP12以降メイクさんが付くようになって、サイモンに
「そのジェシカ・シンプソンみたいな髪型はなんだ」って言われて思わず
「知らねーよ、おれがやったんじゃねーよ」
と言ってました
それはさておき、シンプルなロックがお似合いです
存在自体がゴージャスなのだから、ギター1本で十分心に響きます


叫ぶのをやめた(今日だけかも)シボーン

叫びたくてたまらんのでしょうが・・
どう言われても、自分が叫ぶのが好きでたまらんのでしょう
来週は叫んじゃうかも


ボトムはマイケル、アンドリュー、アーロン
アーロンがセーフのマイケルがアウト
場内騒然のジャッジ騒然のーで、マイケルがレスキューされました
よって来週は2名が脱落します

マイケルがどうのこうのじゃなくて、レスキューのシステムそのものが不要だと思います
TOP24以降ジャッジではなく視聴者が脱落を決めるのがこの番組の根幹でしょう
「落ちて欲しくないなら電話しろ」です
落ちるべきではないなんてジャッジが決めることじゃない
優勝できる人がこんなところで落ちるわけがないんですから、シーズン8のマット・ジロードの時のように、結局ジャッジの「他に先に落としたい人(リル、アヌープ)がいるから」に過ぎません

このシステムが導入されるキッカケになったと思われるシーズン7のマイケル・ジョンズ脱落

今まで一度もボトムに入ったことのないマイケルがいきなり脱落で場内騒然
ライアンは「投票が一番少なかったのがマイケルです」と言うしかなく、
サイモンも「落ちて欲しくないなら電話するしかないんだ」と言うのが精一杯
シーズン7自体奇妙でした
この時のマイケルの出来は良かったです
同じように出来が良かった回に落ちる人が多かった気がします
アンドリュー・ロイド・ウェーバー(ミュージカル作曲家)の回で、曲の意味を全く理解せず「女性の歌なんだ?知らなかった」とヘラヘラ笑って「Memory(Cats)」を歌ったジェイソンではなく、気合MAXで持ち歌のように堂々と「Jesus Christ Superstar」を歌ったカーリーが落ちたり
まーしかし出来が悪くて落ちるよりいいかもしれませんが・・

それも踏まえての視聴者投票
「投票が一番少なかった人」が落ちる
この最低原則を変える必要はないと思います


来週はシーズン8準優勝のアダム・ランバートがメンターでお題はエルビス・プレスリー
モヤッとしますがアダムはとても楽しみです
Secret

TrackBackURL
→http://dkcb.blog69.fc2.com/tb.php/760-7e77b462