2009.10.20 琥珀くん
もう1週間前の出来事ですが、バッキーの体調不良もあってのびのびになっていました

連休、福岡から戻ってすぐ、そのまま病院へ図書を引き取りに行きました
先生にも看護士さんにも「いい子にしてましたよ~」と言われた図書は2日前より大きく見えました
体重を量ると1kg!
「ヒマだったからよく食べたんですかね~」と先生
ワクチンも打ってもらって、あとはお届けするだけ


里親様の最寄駅に着くと、お嬢さんと一緒にクルマで迎えに来てくださいました
大きなマンションで、「汚くしてるんでお恥ずかしい」なんておっしゃっていたけど、とても広くて綺麗なお住まいでした


200910122007001.jpg
先住ネコのティオにゃん
推定8歳だそうですが、お鼻がピンクでお手手が真っ白で、お目目の大きな美人さんでした


200910122007000.jpg
キャリーから出すと、うちではすみっこすみっこに移動してビビっていたのに、じっと動かずマッタリしてました


200910122009000.jpg
可愛いお嬢さんと、ハンサムな息子さんにそれぞれ抱っこされて
親子のようにそっくりです
お子さんはふたりともネコの扱い方をよく知っていて、小さな仔猫を見ても落ち着いていて、ネコをいたわる様子が手の動きや所作でよく分かりました
これから愛情をかけて育てて、ゆっくりと家族になっていきます、という言葉をいただきました
お試しとは思っていらっしゃらないです
愛情も懐も深ーい里親様でした

駅まで送ってくださった帰り道、「名前は琥珀になりました」とおっしゃいました
私ったら緊張して、名前を聞くのも忘れていました・・・
お子さんが考えてくれたそうです 利発なこの子にお似合いの名前だと思いました

帰り道、不安はなかったです
もうあちらのお宅の子なんだと実感しました

拾ったものの、どうしようかと不安になり、アワアワと慌てるばかりでしたが、
琥珀くんは本当に手のかからない子で、私が逆に助けられました
里親様も、私の心配や不安も取り除こうと、一生懸命ご自身の言葉でたくさんお話しくださいました

もっとああすればよかった、こうすればよかったと反省することも多々ありますが、とても勉強になりました
これも琥珀くんと、里親様のおかげです
私のようなド素人に拾われて、良い里親様からお申し出があったことは、やはり何かの縁であったような気がします
次にこのような巡り会わせが来たら、今回のことが必ず糧になると思います



あとは旦那様に感謝
見過ごせずに拾い上げたものの、今年はこの時期になっても仔猫の募集が多く、里親様が見つからなかったらどうしようとパニックになっている私に、
「里親が見つからなかったらうちに置けばいい、そういうのが縁って言うんじゃない?」
と言ってくれました
腹をくくったら、こんなに素敵な里親様がやってきました



動画をたくさん撮りました
ほんの一部です


09101016.jpg
この後、旦那の肩に登って


09101017.jpg
耳ちゅー( ゚∀゚)

ほんとに可愛い子でした
ブログを見て応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました
琥珀くんは必ず幸せになります
************

バキオさん、今日もうんち出ず! むきーーー

鶏スープ煮缶、仔猫用スープ、どれもお口に合わず撃沈

仕方なくいつものpHコントロールパウチを出したらちょっと食べた・・なんでやねーん
しかも軽く温めた方より、そのまま出した方を食べた・・
飼い主のココロ、ネコ知らず

まだ気持ち悪いみたいで、唾液でくちゃくちゃ言っています
早く良くなりますように・・
Secret

TrackBackURL
→http://dkcb.blog69.fc2.com/tb.php/573-940900c2