FC2ブログ
先週のTOP8決定のお題はドリー・パートンで、カントリーの大御所なんですが
カントリーは嫌いではないけれど、どうもこの人は好きじゃない
人工的な顔と体も、、、やっぱり不気味・・

マイケルが意外と良かったことを除けば、あまり印象的なこともなく・・
脱落はレイミエル
他のコンテスタンツに比べてこれといって成長もないし工夫も見られず

てなわけで今週は「Inspiational Song」、結果発表の週に「Idol gives back」と豪華絢爛
Inspiational Songというからには、好きな曲を思いっきり歌えるというイメージなのですが
思ったより面白くなかった(´Д`)

印象的だったのは、
最後の裏声以外はよかったマイケル「Dream on」 Aerosmith

無理して裏声出さなくても適当にフェイクするとか、地声で押し切ってもよかったのでは

2人のデヴィッドは安心して聴けるけれど驚きなどは特にナシ
ネタバレOKな私は既に誰が落ちるか知っているので、あぁこれでセーフなんだー・・と思う方に驚いたりします

そんでもって、Idol gives back
昨年から始まったチャリティ・イベントで、国内外の恵まれない子供たちや、災害被害のあった地域などなどに電話1本で1ドルから寄付ができるシステム

今年は昨年に増して豪華ゲストが出るという宣伝をしていました
ハリウッド・セレブからスポーツ選手、コメディアンまで様々、パフォーマンス・ゲストだけでなく、「寄付をお願いします」と言うメッセージビデオなんかにもアラこんな人が!という豪華さ

昨年もそうですが、この企画がすごいなと思うのは、
アフリカとか遠くの支援だけでなく、アメリカ国内の支援も訴えているところ
自分たちの身近に様々な問題で支援が必要な子供たちがたくさんいるということを、きちんとレポートして知らしめているのはすごいなと思いました
最終的に集まった寄付は6千万ドルだったそうです

ゲストで面白かったのが、、
キャリー・アンダーウッドの曲を歌ったテリ・ハッチャー
多分・・いや、きっと・・あんまり上手くない・・・でも可愛かったです
バックで演奏するのはドラマで見たことがあるような俳優さんたち
「ハウス」のハンサムなお医者さんがフィドルを弾いてました

ファーギーに紹介されて登場したハートのアン・ウィルソン
イングヴェイ・マルムスティーンみたいになってました( ゚Д゚)どすこーい!
ナンシーは変わらずとても綺麗でした

カンペ見ながら喋る人が多い中、自然に話していたブラッド・ピット
ああいう場で自然に喋れるって、チャリティが自然に身についてるのだなーと思いました

最後のパフォーマンスはマライア・キャリー
特に好きでもないしアルバムを買ったこともないんですが
聴き惚れました
来週か再来週か、マライア・ウィークもあるそうなので(無謀)それも楽しみに・・

結果発表
ボトム3はサイーシャ、カーリー、マイケル
あの裏声が祟ったのか!? 予想外のマイケル脱落
会場はブーイングとどよめきでザワザワしてました
審査員も納得いかん顔をしてました サイモンでさえ
ボトムに入ったのも初めてだし、そこから既に動揺してたのに、「サイーシャ、カーリー、君たちはセーフだ」という発表の仕方で、えっ俺が!?みたいな

予選のときの輝きを失っていたのは確かだし、同じロック路線でキラキラに輝いているデヴィッドCとどうしても比べてしまうし
かと言って、ここで落ちるのはエー(´Д`)ですが、それも「マイケルが得票数が一番少なかったから落ちた」の言葉通り・・

最後に歌った「Dream on」の方が数段良かったです
Secret

TrackBackURL
→http://dkcb.blog69.fc2.com/tb.php/139-14078fb6