2012.02.14 2月14日
バレンタインにつき、
12021201.jpg
ボンボンやトリュフは片頭痛の元なので、チョコ度少なめの一品で


12021202.jpg
和久傳の柚香
オランジェットよりもあっさりした甘味でとっても美味しい!←つまんだ

職場から昼休みにてくてく歩いて銀座松屋へ
しかし着いた先は松坂屋だった!松屋どこじゃーー!
伊勢丹 三越の裏でした・・ぜえぜえ・・


***************



おじちゃんがまたニャンコ先生グッズを増やした

12021204.jpg
可愛すぎる

12021205.jpg
黒ニャンコもおります

***************

追記もいっちょ
ホイットニー・ヒューストンの訃報
取り立ててファンというわけではないけど、血筋も育ちも良く、まるでお姫様のような華々しいデビューを飾った人がこんなに寂しい死に方をするなんて

私の愛読書「アメリカン・サイコ」は、パトリック・ベイトマンというウォール街で働くヤンエグ(死語)が日々どこのスーツを着ているか、どこのレストランに顔が利くか、どんな名刺を作ったかという俗な話題に終始し、夜は売春婦などの社会的弱者をなぶり殺すという猟奇小説なんですが、
時にベイトマンが偏愛するものについて1章まるまる書かれることがあり、それは日本製のオーディオ機器だったり、ヒューイ・ルイスだったり、ホイットニー・ヒューストンだったりします
ベイトマン曰く、デビューアルバムのジャケットは表裏が対照的で素晴らしく、特にノーマ・カマリの水着を着た裏ジャケのホイットニーがどんなに美しいかを切々と語っております

変態ベイトマンも、この曲は「彼が自分のことを好きだったらどうしよう♪」という若い女性の可愛らしい悩みを可愛らしく歌っておると絶賛した「How will I know」

私もこのホイットニーが一番可愛いと思います
Secret

TrackBackURL
→http://dkcb.blog69.fc2.com/tb.php/1261-d1679f89