もうすでに出されている方も多いと思いますが、私もパブリックコメントを出しました

5年に一度、動物愛護法改正のため、環境省が国民に意見を求めています
今回は「動物取扱業の適正化について」

IMG_9123.jpg
ペットショップやブリーダー、オークションなどの動物取扱業について、現状に問題があると思われる項目に関して環境省が改正案を提示し、国民の賛否・意見を募るというもの

日本が欧米諸国に遥か遅れて未だに生体展示販売をしたり、深夜営業や幼齢動物の売買など動物愛護・福祉に反する営業をしていること、茨城県阿見町の悪質ブリーダーのような劣悪な環境で虐待同然の繁殖を続けているブリーダーに対して規制や罰則が明確でない点など、国の側から改正案を提案してくれているのですが、それにもかかわらず、前回の法改正ではペット業界の組織票のため、改正に至りませんでした
国民の無関心が改正の機会をむざむざ逃したのです

2010032003.jpg
たくさんのブログで提出方法や提出意見案などを示してくださっています
パブコメなんて敷居が高いわ・・という方にも分かりやすいものばかりで、非常に参考になります

ジュルのしっぽさんや、より詳しく概要を教えてくださっているサイト→One Action for Animalsをご参照ください
とても丁寧に書かれていて、すごく分かりやすいです
ひとりでも多くの意見提出が法改正につながり、売る側・買う側・繁殖する側・飼育する側のモラル向上につながれば、不幸になるイヌネコの数も減るはずです


2007102103.jpg
バキケリは近所の善良なブリーダーさんから購入したネコです
何故捨て猫ではなくブリーダーなのかは以前書きました→バッキーのこと
ネコの品種はイヌよりはるかに少なく、その種を愛し、保存し、継続させようという気持ちが悪いことだとは思いません
純血種だって幸せになる権利があります
何より、純血種の存在そのものが捨て猫や飼育放棄の原因ではありません
その動物が幸せになるかどうかは種の違いでも出自でもなく、関わる人間のモラルにこそ因るものです
だからこそ、厳密な法規制や罰則が必要であると思います
命を扱う商売が楽して儲かる商売であってはなりません
今回は販売・繁殖する側に対する案件ですが、当然ながら飼育し購入する側も同様にその命に責任を負うべきです

どこのイヌやネコも、皆さんのイヌやネコのように、うちのネコらのように、幸せな犬生・猫生を全うできるよう願うばかりです

※締切間近なせいか、環境省のメールボックスがパンパンで受信できないという話がございます
プリントアウトできる方は是非FAXか郵送で!
Secret

TrackBackURL
→http://dkcb.blog69.fc2.com/tb.php/1160-089a22c5