2011.02.03 角膜潰瘍
11020302.jpg

ケリ子、角膜潰瘍でした

いつものごとく、目を掻いてしまって、いつもよりも深くキズがついてしまったようです
痛がらないし元気なので、すっかり見落としてしまいました
焼け焦げのようなものがあったのは日曜日には気づいていたのに、痛がらないからと油断して病院に連れていくのが遅れてしまいました

角膜の表面だけでなく、奥の「角膜実質」までキズがついてしまった状態で、チワワやパグなど、目玉の大きな小型犬に多いんだそうです→こちら(写真付き)
表面だけのキズならナタデココのように白く濁るんですが、角膜実質までキズが入るとコラーゲン組織を分解して潰瘍になるんだとか(それが焼け焦げのような状態)

酷くなると痛みで目も開けられないのだそうですが、ケリ子は目もパッチリしてて元気でした
たまたまキズが小さかったのか、抗生剤の目薬を点していたせいなのか、よく分かりません
酷くなると瞬膜フラップ(瞬膜の一部を切り取って目を覆い、縫い付けて角膜を保護する)などの治療になるのだそうですが、時間もかかるしかなり大変だとか
幸いケリ子はそこまでじゃないので、とにかくヒアルロン酸の目薬をたくさん点してくださいと言われました
抗生剤目薬は1日3回、ヒアルロン酸目薬はとにかく気がついたら点していいくらいたくさん点してくださいとのこと

表面上のキズなら涙を出して自然治癒しようとするのですが、角膜潰瘍になると、白目の毛細血管が潰瘍を治そうと黒目の方に伸びてくるらしいです
ケリ子の目も、潰瘍に向かって上から血管が伸びているのが見えました
これは治癒しても残ってしまう可能性が高いそうです
生活には何も支障はないそうですが、潰瘍の焼け焦げみたいな跡も、白いナタデココも、
取れずに残ってしまうかもしれないそうです
気づくのが遅かったから、ごめんね


そして久々に量った体重は驚愕の
5.58kg

「今までで一番重いですね・・」って、、
もう先生、こいつらマジ痩せる気NEEEEEEEEEEEEEEって思われてるに違いない(つд⊂)


11020303.jpg
しかし帰るなりメシを食うケリ子
今朝もわたくし朝3時に起こされました

会社から帰宅してすぐ、練り餌の前にも、後にも、目薬しまくりです
11020304.jpg
お目目パッチリで元気です
目薬した後も逃げずにスリスリしてるので、がんばって点眼して、綺麗に治りますように

あ、ついでに、
減量サポートと満腹感サポートも発注しました
家族そろって痩せるぞー( ゚Д゚)ノ
Secret

TrackBackURL
→http://dkcb.blog69.fc2.com/tb.php/1009-7bb41317