上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいたま市で起きた猫3匹虐殺事件の結審について、
懲役1年10ヶ月の有罪判決。有罪は当然ですが、実刑ではなく執行猶予4年がつきました。

詳細は裁判を傍聴した杉本彩さんのブログで非常に分かりやすく書かれています。
https://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-12336460026.html

野良猫のことだから関係ない、と思わないでください。
こういう判決が出るということは、私たちの大事な家族である犬や猫が、どこぞの変質者に理不尽に殺されても、起訴どころか罰金程度で済まされるということです。

動物虐待の最長は懲役2年。生き物を殺すより、ガードレールを壊した方が罪が重いのが日本の法律です。
証拠があるだけで13匹ですが、初めての虐待でいきなり動画を撮るわけがありませんから、実際殺した数はもっと多いでしょう。
数の多さに加えて、この凄惨極まりない犯罪内容をもってしても、過去の判例「初犯は執行猶予」を倣って、執行猶予4年です。
犯罪内容の凶悪さと数の多さを踏まえれば、量刑は1.5倍できるそうなのですが、検察はそれをしませんでした。

大矢誠という52歳の妻子ある大人が行った犯罪の悪質さや残虐行為の常習性は裁判所も認識しています。
だから執行猶予4年なのだと。
これは結局、懲役では異常性癖を矯正できない、残虐行為をしないよう見張るのは社会におまかせします、と言ったに等しいと思います。
犯罪抑止にもならず、動物は何匹、どんな残虐な殺し方をしても初回は許されるよ!と裁判所が太鼓判を押したようなものです。

犯罪者が実名や顔写真を報道され、失職するのは、税理士だろうが一般の会社員であろうがアルバイトであろうが同じです。
しかも、自分の異常性癖を満たすためだけに行った身勝手な犯罪ゆえのこと、自業自得以外のなにものでもありません。
社会的制裁など情状酌量する理由には1ミリもなりません。
先日飲食店でガスバーナーを見ました。手が震えて心臓が縮むような感覚がしました。
日本中にこのような症状をもち、大矢が作った動画や写真のために心的ストレス障害を起こしている人がたくさんいます。
ISや南米マフィア以上の凄惨な拷問を小さな猫に対して行った大矢誠という男と、その犯罪を知ってなお一緒に暮らす大矢の妻子が、もし自分たちの隣人になったら、同僚になったら、と思うと恐ろしいです。
犯罪者の社会的制裁より、常習性ありと裁判所が認定した変質者が、監視なしで野放しになることへの恐怖をこそ裁判所は理解するべきです。

動物虐待が重大犯罪につながることは宮崎勤やジェフリー・ダーマーの例をあげずとも明白であるのに、実刑を科すに至らない日本。
動物虐待とは、人間が犯す犯罪で最も卑怯な犯罪だと私は思います。
先日、母親と交際相手の男、男の友人が小さな4歳の男の子を日常的に暴行し死に至らしめるという卑劣な事件がありましたが、それと同じく、絶対に反撃されないとわかっている相手、小さな子供や動物に対してのみ、圧倒的な暴力を振るうという、幼児虐待と動物虐待は本当にクズの犯罪です。
人間同士のコミュニケーションができない鬱憤を、小さな動物にぶつけるしか脳のない孤独なクズによる犯罪をこれ以上野放しにしないためには、法律を変えるしかありません。

動物愛護法の改正は5年に1度しかありません。
虐待に対する厳罰化だけでなく、悪質なブリーダーを取り締まり、管理するために、動物取扱業に対して細則を厳しくしかねればなりません。

浅田美代子さんのブログから、ネット署名と紙による署名のいずれかを選べます
http://miyokoasada.com/

JAVAでも紙の署名を受け付けています。
http://www.java-animal.org/aigohou2017-2018/

来年の1月15日が締め切りです。
訴えている内容を見ていただけると、納得するものばかりです。
どうか一読いただいて、署名にご協力をお願いいたします。
スポンサーサイト

ベッドにみちみちに寝ています

IMG_4058.jpg
バッキーもみちみち

IMG_4035.jpg
よく甘えます


IMG_4041.jpg
おじちゃんにもデレデレ

バキケリ、変わりなく元気です

私はずっと心穏やかでない日々です
前の記事に書いた事件の詳細を知ってから、ずっと心がざわついています

あまりにむごい殺され方をした猫たちのこと、自分の快楽と虚栄心を満足させるために、ここまで残虐な拷問と殺戮を繰り返しできる人間がいることへの驚きと恐怖と憎悪、それを煽り囃し立て笑っていた人間がいたことへの怒りと嫌悪感
私はきっと一生、ガスの火とお湯を見るたびにこの凄惨な事件を思い出すことでしょう
そして一生、犠牲になったあの猫たちのことを忘れないと思います
小さな猫を目の敵にし、拷問して殺すことで自尊心を満足させた、大矢誠という矮小な狂人のことも
その狂人を煽り囃し立て犯罪を教唆した、ネットの卑怯な小心者たちのことも

実刑を求める署名は11/7が締め切りです
どうか、目を背けずに署名をお願いいたします
決して他人事ではありません

ネットでの署名 → こちらからお願いします(ネット)
15万筆目前になっています

また、動物虐待を厳罰化するための署名(ネット)もあります →こちらから

現状を変えることができるのは、猫ではなく人間しかいないのです
一筆でも多くの声が集まりますように、どうかご賛同をお願いいたします
埼玉で52歳の税理士が起こした、猫13匹の虐殺事件についてです
事件の詳細を知るのはとても辛いです
毎日頭から離れず、心の中は怒りと悲しみでいっぱいです
でも、目を背けていては、犠牲になった猫たちの命が無になります
あの猫たちは、もしかしたらうちの猫だったかもしれないのです


この大矢誠という男は、執拗に何度も熱湯をかけバーナーで焼き、大やけどを負わせた瀕死の猫の歯や爪をペンチで抜き、さらに何度も熱湯と火責めにし、肛門に水を大量に流し込み、最後に水や熱湯に沈めて殺したのです
時間をかけて猫をなぶり殺しにし、それを撮影し、ネットに動画をあげて悦に入っていました
自分の身元がわからないように小細工までして

もはや、猫に迷惑しているとか、好きとか嫌いとかの問題ではありません
わざわざ虐待用の道具をいくつも揃え、繰り返し拷問し、何台もの携帯を並べて撮影するという手の込んだことを1年以上も続けたのです
動画で確認されているだけで、実際はもっと多いはずです
決して感情的になったとか偶発的な犯行ではありません
己の異常性癖を満たすためだけの卑劣で悪質な犯行です


日本は動物愛護後進国です
おそらく初犯というだけで執行猶予、これだけ残虐な行為をしていてもです
アメリカでは二十数匹の猫を誘拐して殺した男に懲役16年の判決が出ていました
少年犯罪者、あの酒鬼薔薇も、宮崎勤も、佐世保で同級生を殺した女子中学生も、池田小で8人の児童を殺害した男も、殺人に至る前に何度も猫を虐待死させています
それを周囲も大人も親も知っていて何もしませんでした

長い間動物虐待を続けたこの税理士は、これら少年犯罪者と同じく、残虐行為に性的興奮を覚える異常性癖の人間です
こういう人間が隣人なら、同僚なら、と考えるとゾッとします
すでに欧米では動物虐待は連続殺人や快楽殺人に直結する危険行為であるとプロファイルされているのに、日本では執行猶予をつけて野放しです
判決が出るまで、その職務も免許も保持されていることにも驚きを隠せません
こういった動物虐待が日本で繰り返されるのは、ひとえに動物愛護法の刑事罰が紙のように軽いからです
だから虐待も無くならず、遺棄も無くなりません

2年の懲役でも恐ろしく短いですが、現行の法律ではこれが上限です
執行猶予のない実刑の懲役刑が下らなければ、いつまでたってもこんな残酷な犯罪は無くなりません
実刑がつくことで、大矢を煽り囃し立てたネットの矮小な犯罪予備軍の犯行を抑制することにもなります

そのための署名活動が続いています

ネットでの署名 → こちらからお願いします(ネット)
もうすぐ10万筆に達します

ネットとは別物で、紙での署名もまだ続いています → こちらからお願いします(返送先入り印刷用の紙)
→ プリンタのない方用の印刷方法など


また、動物虐待を厳罰化するための署名(ネット)もあります →こちらから

大矢は在宅起訴され、自分の生活圏に戻っています
反省せず、また虐待をほのめかす発言をしているそうです
逮捕されてもなお、自分の異常性癖に執着する、本物の変質者です


一筆でも多くの声が集まりますように、どうかご賛同をお願いいたします
変えることができるのは、猫ではなく人間しかいないのです
どうか、目を背けないでください

スヤァ


IMG_3500.jpg
スヤァ

IMG_3504.jpg
おじちゃんがバケットを買ってきてくれたので、ビーフシチュー

IMG_3505.jpg
はちねこカフェさんの手ぬぐい
ものっすごく可愛いです!


IMG_3508.jpg
デザインもオサレ!

はちねこカフェのてんてんさんには、ジュリーの保護前後に色々相談に乗っていただき、本当に救われました
その後、はちねこカフェを立ち上げられて、日々猫のために奔走しておられます
こういう方のところに優しい人が集まるのだなと思います

手ぬぐい以外にも可愛いグッズがたくさんありますので、是非ご覧ください!→コチラ

大好きなおじちゃんのステテコの上で歓喜のケリ子


IMG_3304.jpg
テーブルの定位置でゴロンのバキオ

IMG_3287.jpg
まだまだ蒸し暑い日が続きます

バキケリ、元気です
バッキーが今日珍しく毛玉を吐いたり、食べたものを吐いたりしたのが心配ですが、
元気に寝て甘えています


IMG_3328.jpg
2ヶ月ぶりのTNR
友人とお茶をしに歩いていて偶然見つけた子たち
誰も耳カットしてなかったので、また緑さんのお力添えをいただき、一挙に4匹病院に運んでいただきました

IMG_3326.jpg
慣れた方の助けがあったので、流れるような早業( ;∀;)

IMG_3327.jpg
最後の1匹まで1時間もかからず
オスメス2匹つずでした
子猫がいなくて幸いでした
緑さん、にゃんたの会の皆さん、いつもいつもお世話になり、ありがとうございます

IMG_3387.jpg
リリース後、再会したミケちゃん
前歯がないので舌がちょこっと出てます
口内炎がひどくて抜歯をしてもらいたかったのですが、色々諸事情でできず
友人が毎日薬を仕込んだフードを運んでいます
外の子は食べることが一番楽しみなので、せめてちゃんと食べられるよう、今後も見守っていきます

耳カットがかなり見えにくくて、まさか入れ忘れでは!?と焦りましたが、
角度を変えてみるとちゃんと入ってました ふー・・・
2017.08.26 8月のバキケリ

ぼってりぼってり 転がっています


IMG_2911.jpg
毎日同じ格好で寝てます


IMG_2919_20170826224307c8d.jpg
坊ちゃんも同様


IMG_2868.jpg
おばちゃんは大好きなシゲオとアキコ見たさに、
辻本茂雄30周年記念公演のチケットを買ったのに・・
爆発的な片頭痛で行けませんでした・・・無念じゃ・・


一緒にTNRした友人と食事がてら、外猫パトロールをしています
耳カットがあると安心しますが、置き餌のままだったり色々問題はありそうです
また何かあったらすぐ動けるようにしておこうと思います
少しずつでも、継続してやることが未来に繋がるのですよね
2017.07.23 ママ確保!
昨日パパをリリースした友人から、「ママがいる!」と連絡があり、、

IMG_2563.jpg
まだ産んでなかった!!
しかし日曜日は病院が休みなので、後ろ髪引かれる思いで、翌日曜日に出動することにしました


IMG_2564.jpg
それまで産まないでくれよ〜〜
そして仲良く寄り添うパパとママ


で、本日カニカマ、鯖缶、ちくわといろいろ取り揃えて挑んだ第6回目!


はい、あっさり入りました!!
今までの苦労はなんだったのーーー(T ^ T)


・腹がめちゃめちゃ減っていた
・パパを去勢したから
・ちくわとカニカマが良かった

いずれにしろ、良かったです!
一晩、友人宅にそのまま置いて、明日手術に運びます
それまで産まないでねええええええ(T ^ T)

というわけで、信じるものは救われる・・という気持ちです
緑さんのおかげで、心ゆくまで捕獲に取り組めました
ママの分の手術チケットも譲っていただけて、何から何までお世話になりました
本当にありがとうございました!

私も、猫を愛する友人の力になれて良かった
明日病院に連れて行くまで気が抜けませんが、ひとまずお疲れ様でした!良かった!
2017.07.19 久々のTNR
職場の友人からのSOSで、とある場所のママ猫と子猫、パパ猫の不妊去勢を
緑さんとにゃんたの会のご協力で8月にやりましょう、と決めた矢先、
その友人から夜写真が送られてきて、

IMG_2048.jpg
このママのお腹

IMG_2052.jpg
いつかのカステラ猫を思い出します
あの子も産まれる寸前でした
これは8月まで待っていられない!と、急ぎ緑さんに捕獲器を都合していただき、某日現場に行ってきました

とりあえずママを優先
もしもう産んでいたら離乳まで捕獲できないので、その時は既に3ヶ月過ぎている子猫を
パパは最後

しかし・・・
ママが入らない・・・・・
いいとこまで来たら通行人が来たりして・・
2時間粘って、ママはとうとう捕獲器の前で寝そべる始末・・
で、この日は子猫が入りました

IMG_2391.jpg
3〜4ヶ月くらいでしょうか
友人宅で夜を越して、翌朝病院へ運び、

IMG_2408.jpg
病院で術後一泊させてもらい、リリースしました

後日またチャレンジしたものの、
FullSizeRender_201707192115122e2.jpg
警戒してこの有様・・
捕獲器の途中まで行っても奥まで決して入らず、捕獲器の前でくつろぐ始末・・

今はTNRのハイシーズンで捕獲器が足りないくらいなのに、ママが捕まるまで貸しておいていただけました
おまけに病院で使える不妊チケットまで・・何から何まで緑さんのお世話になりました
なのに捕まらないーーー(T ^ T)


計4回行ってダメでした
今まで捕獲器持って出かけて、手ぶらで帰ったことなど一度もなかった私
こんなに手こずったのは初めてです

餌やりさんは手術する気は一切なく、無責任なことを言っています
協力的な近くの飲食店の方が、猫はちくわやで!と言ってちくわ買って来てくれたり・・
色々したけど捕まらず・・
明日最後のチャンスで頑張ります
ダメならパパを捕まえます(パパはすぐ入りそう)

IMG_2457.jpg
満腹で寝転ぶ黒いパパ

ママは、緑さんから教えてもらったプロの方に頼もうかと思ってます
それまでに生まれていたらそれはそれで仕方ない
あまり自分で抱え込んで、ニンゲンが落ち込んでしまっては元も子もないので

明日はカニカマでやってみよう
鯖の水煮もホカホカに温めて


神戸市は市が協力して不妊手術費用を負担していただけるそうですが、
地域猫を推進する地域ごとの申請が基本で、こういった形の、住民ではない人間が見かねて手術をするケースでは、少し敷居が高いのかなと感じています
もうちょっとしっかり条例やウェブサイトを読んでみます


7/22 追記
昨日パパを確保しました
すぐ入るだろうと舐めてたらなかなか入らなくて焦りました・・・
餌やりさんが餌あげちゃった後でしたが、カニカマとサバ水煮のダブルでやっとこさ確保・・
パパ、かすれた声でよく鳴いていました
この子も緑さんのご好意で手術チケットを譲ってくださり、今日友人が病院に運びました
健康状態も見ていただいて、夕方リリースします

ママはこの数日見ていません
おそらく出産してしまったかと思われます
プロの方ともスケジュールが合わず、今回は一旦引いて、秋にまたチャレンジすることにします
残念で、落ち込みますが、ここで自分を責めずに次に活かします


「出来なかったことを数えて悔やむより、出来たことを覚えておいてください」
とは、私が初めて捕獲器を借りた横浜のボラさんから言われたことです
無理な保護をし、結果リリースしたことでいろんな方に責められ、もう猫に関わることが怖くなりましたが、その方にそう言ってもらえて、本当に救われました
その言葉があって、今の自分があります
2017.07.11 7月のバキケリ

そろそろ床に転がる季節になりました


IMG_2266.jpg
いつも寝てます


IMG_2318.jpg
よく食べよく寝ます


IMG_2327.jpg
ふくふくと元気にしています


非常に忙しい決算期を終えて、7月は落ち着いてきました
職場で猫飼いの友人ができました
外猫に対する思いも共有できて、とても嬉しいです
その彼女が気にかけている外猫の不妊手術を近々やりたいと思っています

IMG_2352.jpg
夕方はパパ猫しかいませんでした

IMG_2353.jpg
目やに取ってあげたいけど、手を出すとパンチするらしい( ^ω^ )
この子の他に、ママ猫と子猫がいます
子猫は三毛なのでメス 手術しなきゃです

2017.06.10 6月のバキケリ

そっくり兄妹

IMG_2079.jpg
むっつり

IMG_2068.jpg
フミフミ

IMG_2072.jpg
ゴロン

IMG_2062.jpg
ゴロン

IMG_2077_20170610095640a57.jpg
スヤァ


インスタを始めましたが、家族にも誰にも教えてません
そして使い方もほぼほぼ理解してません アップするだけ( ^∀^)
2017.05.09 5月のバキケリ

今までのタワーに登るのが危なっかしくなったので、シニア用のタワーを買いました


IMG_2020.jpg
坊ちゃんはいつもてっぺんで寝ています


IMG_1984.jpg
おばちゃんは、おじちゃんが買っただけで収納を占拠しているガンプラを作り始めました

IMG_1979.jpg
かれこれ10体以上は作っています
どんどん片付いて気持ちいいです
バキケリ11歳になりました

IMG_1924.jpg
神戸に来て3回目の誕生日です
少しずつ良い方向に向かっています

IMG_1922.jpg
ケーキはcake standという北野のお店でオーダーしました

IMG_1921.jpg
猫の誕生日なんで、猫の耳とかつけてもらいました


IMG_1915.jpg

IMG_1918.jpg
ばらちらしとポテサラケーキ
ガッツリ食べてガッツリ飲みました

IMG_1930.jpg
猫らもデパ地下で買ったささみでお祝いです

IMG_1931.jpg
よく食べました


IMG_1487.jpg
ケリ子は元気に寝て食べてコロッコロです

e831557a4a633dccf4c7c615b3622d2f.jpeg
一時期ニュースになったこのトラさん、

IMG_1589.jpg
ケリたんにそっくりです

IMG_20161224_132840.jpg

ジュリーことじゅりおさんが亡くなりました。
mowcomaさんからお電話をいただき、私も突然のことで動揺しましたが、mowcomaさんはもっともっと動揺されており、その気持ちを思うと胸が詰まりました。

今年の4月に婿入りし、同居のつぶちゃんとも仲睦まじく、ご家族の皆様にも愛され大事にしていただき、お布団で添い寝をするほど慣れてくれていたのですが、
秋から唸ったり暴れたりするようになり、お仕事のお忙しい中、病院通いやスキンシップ等、
あらゆる手を尽くしていただき、少しでもじゅりおさんの暮らしがよくなるよう配慮してくださいました。

ここ最近の出来事はmowcomaさんのブログに書かれてある通りで、
脳の精密検査までしていただいた折の急変でした。
これという原因がわからなかったことで、かえってmowcomaさんにご心労をおかけすることになり、本当に申し訳なく思います。


でも、
謝ってばかりだと、こんなにがんばったじゅりおさんとmowcomaさんに申し訳がありません。
なので、謝らずに、本当に素直に思うことを言います。


IMG_9789_20161226182846143.jpg

あの子を家族にと迎えてくださって、ありがとうございました。
おうちの猫として幸せに暮らすことができたこと、本当にありがとうございました。
家族になる、ということは、自分の生活・命を削るに等しいことだと思います。
それをmowcomaさんご家族皆さんが体現してくださいました。
最後に大変なお世話をおかけして、悲しい思いをさせてしまいましたが、
こんなにも日々手を尽くしてくださって、本当にありがとうございました。


あの子はこれまで苦労して生きてきて、沢山あった命数をここで使い果たしたのだと思います。
mowcoma家の一員となって、安心して思う存分ワガママをして、天に召されたのだと。


長いこと応援していただいてありがとうございました。
家族に看取ってもらえて、幸せな子だったことをどうぞ覚えておいてください。
mowcomaさん、本当にありがとうございました。
また、美味しいものを食べながら思い出話をしましょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。