上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_20161224_132840.jpg

ジュリーことじゅりおさんが亡くなりました。
mowcomaさんからお電話をいただき、私も突然のことで動揺しましたが、mowcomaさんはもっともっと動揺されており、その気持ちを思うと胸が詰まりました。

今年の4月に婿入りし、同居のつぶちゃんとも仲睦まじく、ご家族の皆様にも愛され大事にしていただき、お布団で添い寝をするほど慣れてくれていたのですが、
秋から唸ったり暴れたりするようになり、お仕事のお忙しい中、病院通いやスキンシップ等、
あらゆる手を尽くしていただき、少しでもじゅりおさんの暮らしがよくなるよう配慮してくださいました。

ここ最近の出来事はmowcomaさんのブログに書かれてある通りで、
脳の精密検査までしていただいた折の急変でした。
これという原因がわからなかったことで、かえってmowcomaさんにご心労をおかけすることになり、本当に申し訳なく思います。


でも、
謝ってばかりだと、こんなにがんばったじゅりおさんとmowcomaさんに申し訳がありません。
なので、謝らずに、本当に素直に思うことを言います。


IMG_9789_20161226182846143.jpg

あの子を家族にと迎えてくださって、ありがとうございました。
おうちの猫として幸せに暮らすことができたこと、本当にありがとうございました。
家族になる、ということは、自分の生活・命を削るに等しいことだと思います。
それをmowcomaさんご家族皆さんが体現してくださいました。
最後に大変なお世話をおかけして、悲しい思いをさせてしまいましたが、
こんなにも日々手を尽くしてくださって、本当にありがとうございました。


あの子はこれまで苦労して生きてきて、沢山あった命数をここで使い果たしたのだと思います。
mowcoma家の一員となって、安心して思う存分ワガママをして、天に召されたのだと。


長いこと応援していただいてありがとうございました。
家族に看取ってもらえて、幸せな子だったことをどうぞ覚えておいてください。
mowcomaさん、本当にありがとうございました。
また、美味しいものを食べながら思い出話をしましょうね。
スポンサーサイト
IMG_1893.jpg
mowcomaさんにちょいちょいされてうっとりなじゅりおさんです


今年4月に婿入りしたジュリー改めじゅりおさんのことで、
mowcomaさんが別ブログを立ち上げてくださった通り、応援してくださっている皆様にはご心配をおかけしております


私が一つどうしても言いたいことは、
ジュリーはトライアルでもなく、預かり先を変えたのでもなく、mowcoma家を終のすみかとしてmowcomaさんご家族の一員として迎えられたということです

つぶちゃんとも仲睦まじく、順調に慣れていたところ、今秋からの突然の不調で唸ったり暴れたりするようになり、
投薬や通院はもちろんのこと、毎朝毎晩の抱っこタイム、ケージ内のケア、出来る限りの事をご家族みなさまでやってくださっています
それこそ、時間や費用のかかることを献身的にやってくださっています
ここまでやってくださるかと言うところまでやってくださって、本当にジュリーは運のいい子だと思います


IMG_1914.jpg

mowcomaさんはじめ、ご家族のみなさまに大変な負担がかかっているのではないかと、心配されている方もたくさんいらっしゃると思います
私もその点を一番心配しておりましたので、この件で、これ以降何度もmowcomaさんとお話し、
会って直にお話もしていますので、その点で過剰な心配は全く不要と思いました
mowcomaさんもご家族も、心のぶっとい、強いみなさまです
私のようなヒヨッコとは違います
ヒヨコで言うならば「動物のお医者さん」のヒヨちゃんレベルの強さです
ジュリーのことについては、全面的にmowcomaさんを信頼し、お任せしております


私のことを、譲渡したからといって無責任だと思われるかもしれませんが、
この件に関し、mowcomaさんとは適宜連絡を取り合い、出来る限りのフォローをさせていただいています
むしろ、正式なご家族となったmowcomaさんに対し「お任せしている」などと言うのもおこがましいくらいですが
この人と、この人のご家族のもとでなら、ご機嫌悪くても、シャーシャー言っても、
ジュリーはじゅりおさんという幸せな猫として生きていけると、私は確信しています


mowcomaさんとは、じゅりおさんのことのみならず、大切なお友達として、これからもずっとのお付き合いをさせていただくつもりです
頑張っているmowcomaさんとじゅりおさん、つぶちゃんとmowcomaさんのご家族を、暖かく見守っていただけたら幸いです
月1更新になっておりますが、バキケリ元気でです

もう既にご存知の方がたくさんいらっしゃいますが、こちらでなかなかご報告できず申し訳ございません

川崎から福岡への引っ越しが決まってから、ゆきまるくんのお母ちゃんのご好意でイエネコ修行をしていたジュリーですが、今年の4月に素晴らしいご縁でお婿入りいたしました

IMG_9474.jpg
一足早くお嫁入りしたつぶちゃんという若い女子社員にウハウハ言っているジュリー社長です

IMG_9789.jpg
大事に大事にしていただいています


長らく社長を修行させてくださったお母ちゃん、本当にありがとうございました
素晴らしい婿入りの日を迎えられたのは、お母ちゃんの愛情と努力の賜物です
私では不可能なことでした
そして、広い心でジュリーを迎えてくださったmowcomaさんのご家族の皆様、本当にありがとうございます

今少し社長はお加減が優れないのですが、それもmowcomaさんとご家族が全て丸ごと引き受けてくださっています
ジュリーは本当に運のいい子です

mowcomaさんとご家族のみなさん、そして病院のスタッフの皆様のおかげで、ジュリーもいい感じに過ごさせていただいています
本当にありがとうございます
いずれきっと必ず、ここが心から安心できるおうちだとジュリーが理解できるようになると思います
もうジュリーはmowcoma家の一員です
安心してジュリーをお任せしています

この拙いブログのおかげでお母ちゃんやmowcomaさん、緑さん、たくさんの方々に助けていただきました
みなさまのおかげで助けられた猫がたくさんおります
どの子も幸せに幸せに暮らしています
これからもそのご恩を忘れないよう、チマチマっとこのブログも続けてまいります
どうぞ宜しくお願いいたします
とんでもなくご無沙汰しております(´・ω・)

いろいろバタバタして気力が落ちてしまい、いろいろ良いお話もあったのにご報告できず申し訳ございません・・


ひとつは、件の親子猫の現場
緑さんと緑さんのお知り合いのボランティア団体の方が尽力くださって、
広くポスティングしたり、個人で餌やりしていた女性とコンタクトも取れてご協力していただき、


そして不妊手術もしていただけました

DSC_5028.jpg
これは第一回目ですが、その後も定期的にTNRに運んでくださいました

DSC_5036.jpg
加えて、現場の清掃やトイレの設置まで、本当に何から何まで緑さんと、緑さんの交友関係からのご好意でやってくださいました
私はというと、さくら猫基金の無料不妊手術(これも緑さんから教えてもらいました)に応募していくらかのチケットを用意しただけで、何とも不甲斐ないのですが・・
ここは下を向かずに、緑さんと椿谷にゃんたの会の皆様に心から感謝申し上げます
本当にありがとうございました

加えてひとついいこと
この近くの飲食店で、恐らく店舗前で餌やりがあったのかわかりませんが、かなり過激な口調で貼り紙をしている場所がありました
緑さんのポスティングとTNRのおかげで、そこの貼り紙が非常に紳士的なものに変わっていました

猫に対する関心が低い場所ではありますが、このように良い影響が出ているのは、やっぱり不妊手術をしたという実績あってのことで、TNRがいかに重要かがわかりました

本当に本当にありがとうございます
いろいろ落ち着いたら、きちんと恩返しできるよう、私もがんばります

なかなか更新できずにいて、ブログもやめてしまおうかと思いましたが、これがあったから緑さんとの出会いがあり、
たくさんの方とお知り合いになれて励ましていただいたので、月いち更新でもなんでも、続けていこうと思います
今後ともよろしくお願いします!
2016.05.08 2016 GW
IMG_1311.jpg
特にこれといった予定もなかったGWですが、母の日も兼ねて父母と食事へ

そして東京から前の前の前の職場の友人が大阪に来るということで、不案内な大阪で待ち合わせし
とりあえずルクアなどを散策していると、広場で大河ドラマのイベントをやっており、


正雄が!!
とふたりでコーフンしながら必死に写真を撮り

グランフロントとルクアでお茶を濁せるかと思ったのですが、人も多いし、東京の人を案内するには特にこれといった内容もなく、、
すると「通天閣に行った事がない」という話になり、私も行った事がなかったので、せっかくだから行こうかと
環状線に乗ったものの、まんまとユニバーサルシティに行ってしまったりしながら、

IMG_1319.jpg
着きました通天閣
そして舐めてたわ・・めっちゃ混んでました・・
通天閣は小さいながらもベタで濃かったです
いい感じに疲れました この後のビールが旨い!

IMG_1321.jpg
だるまで、初串揚げを食べました
大阪らしいところで大阪らしいモノが食べられてよかった!


IMG_1310.jpg
GWはねこらも変わりなく元気です

IMG_1327.jpg
ぶすっとしてますが、元気です


*************

件の現場ですが、緑さんのお知り合いでボランティアをなさっている方がお力添えくださり、
来週子猫のTNRをしていただけることになりました
昨日緑さんとその方と一緒にポスティングをしました

IMG_1325.jpg
子猫といってももう6ヶ月以上になるので大きくなりました
昨日は4匹いましたが、どうやら1匹既にお腹の大きい子もいるようです

IMG_1323.jpg
空き地でゆったり遊んでいました
クリーニング屋さんはこちらで不妊手術すると伝えたところ喜んでいましたが、手術後同じ場所に戻しますと言うと苦笑い
相変わらずエサをやるなという貼り紙をしていたのでそれは剥がしました
やはり根本的なことはわかっておられないようです
手術をするのですから、エサはきちんと管理して十分な量をあげてほしいのです
ゴミすらお金を払って処分してもらう時代、生きているものを減らそうというのは時間もお金もかかることです
手術をすれば増えずに短い命を全うして減っていくということを、根気強く説明しなければなりません

IMG_1324.jpg
告知の貼り紙もきっちり貼って、周辺の店舗にポスティング
こうして手を差し伸べてくださる人がいることに感謝です
これも緑さんのお人柄と日々の努力だと思います

さくら猫基金の無料不妊手術事業のことも緑さんから教えていただきました
真面目にTNRをしている人にとっては大変有り難いことです
せっかくのご好意に報いることができるようがんばります

神戸に来て1年、バキケリともに元気に10歳を迎えました


IMG_1274.jpg
相変わらずマッタリ寝てばかりのケリ子

IMG_1269.jpg
相変わらずおばちゃんの後ばかりついてくるバキオ


IMG_1265.jpg
ケツまわりの毛が気になってファーミネーターをかけたら嫌がって、
ニャニャニャニャ!!!
と怒って手を叩かれました・・・

そんな感じで元気に過ごしてます

お嬢はおこもり


IMG_1234.jpg
坊っちゃんはほぼおばちゃんの布団の上


IMG_1232.jpg
久々に美味しいもの食べたり・・


バキケリは元気です
先日、お義父さんの四十九日でバタバタと福岡に行ってきました
まだいろいろバタバタしておりますが、初盆までには落ち着いているといいなと思います
100年に一度の大寒波ということで、神戸の海側は雪は降りませんでしたが、風も強くとても寒いです
おじちゃんのいる福岡は20cmくらい積雪してまだ吹雪いているとのこと
こういう時は天気予報を見るのも辛いです
外で暮らさざるを得ない子はどんなに寒かろうかと

件の親子猫こと
緑さんとご協力いただいたボランティア団体の方で下見に行ってくださって、そのままママだけ捕獲してくださいました
助成金の補助券まで使わせていただいて、無事不妊でき、先日リリースまでやってくださいました
本当に何から何までお世話になりました ありがとうございました

DSC_4275.jpg
緑さんが撮ってくれたリリース時の写真です
これから子育てすることもなく、自分のことだけ考えて、何とかがんばって生きていってほしいです

残る子猫ですが、直接ボランティア団体の方とお話させていただきました
現場は住宅地ではない、繁華街の一角で、自治体もなく飲食店同士の交流もない場所です
クリーニング屋さんがそうであるように、多少の迷惑はありつつも、どうにかしようという気持ちはなく、ましてや不妊しようとかそういう意識はありません
私が不妊しても氷山の一角で、いくらでも猫は出てくる
私がそこの住民であるなら周りの理解を得るために行動する方策はいくらでもあるけれど、ただの通りすがりでは、「親切な誰かさんが不妊してくれた」で終わってしまい、根本的な解決にはならないということ

これはこの件を相談した川崎のNさんにも同じ事を言われたのです
「猫がいれば誰かが来てタダで捕獲・不妊してくれると思い込んでいる。
その後数が増えたなら、餌をやる人のせいじゃなくて「増やさないためにはどうすればいいの?」と地元の問題にしてほしい。
10匹以上不妊した場所でも、数年後に通りかかると子猫がいたりする。
地域の人が「自分の問題」として継続して関わってくれなければ、猫は後から後から湧いて出てくる。
住民が費用を出さずに獣医師とも関わらないと、捕獲に来たのがどこの誰かもわからず相談する先もわからないし、ましてや自分でナントカしようとは思わない。
それがわかってからは、地元住民の協力がなければ捕獲・不妊はしないことにした。
時間を使って費用を被って、それが数年しか効果ないなら無為だもの。」


同じ事を今日団体の代表の方もおっしゃいました
私もおっしゃる通りだと思います
ボランティアとは自己満足ではありますが、同じお金を時間をかけるなら、もっと有意義な場所があるでしょうと
ひとまずママの不妊ができたので、子猫についてはもう4、5ヶ月にはなっているので、少し様子見することにしました

私がビヨンセほどの大富豪であればいくらでもどこでもTNRするんですが・・・
そんな妄想を語っている場合ではありません
ただ、ママ猫を不妊したことは周囲の店舗に周知できるようチラシを撒こうと思います
また、役所にまた出向いて、不妊しましたという実績をひっさげて、もいっちょ言いたい事を言おうと思います
自治体もないような商業地区での猫問題について、もうちょっと何とかしてくれませんか!と
餌やり啓発看板の出来もイマイチです
川崎や横浜の方がずっとずっと進んでいます
その辺も一言言おうと思ってます

取り急ぎこんな感じです
お義父さんが亡くなって、残るお義母さんのことでおじちゃんはまたずっと福岡に行っています
私は猫たちとつつましく静かに暮らしております
緑さんに誘っていただいて、来月はボランティア団体の集会に伺う予定ですが、いろいろなことがありすぎて全然遊びにも行ってないし食事にも行ってなく、地味な日々を過ごしています
バキケリは元気です
毎晩おばちゃんの布団の中でぬっくぬくで寝ています
2016.01.09 いろいろ
お正月も開けて、いただいたコメントのお返事もできなくて本当にすみません

鍵コメくださった皆様、ワタシさん、つきみぃさん、いつもありがとうございます

お正月は福岡に帰ったのですが、翌2日にお義父さんが亡くなり、私は一旦神戸に戻っていろいろ準備をしてまた福岡へ行きお通夜葬儀と済ませてまた神戸に戻ってきました
一度たりとも意地悪な言葉や嫌みなことをおっしゃったのを聞いた事がありません
出来の悪い嫁にも、ずっと優しいお義父さんでした
お見舞いに行ったとき、ビールが飲みたいとおっしゃっていて、明日看護婦さんに聞いてみるから、と行って病院を後にしてそれが最後でした
飲ませてあげればよかった
おじちゃんは福岡でいろいろ手続きやら何やらで多忙に過ごしています


ジュリーのバナーを貼っていただいている皆様、
預かっていただいているお母ちゃんとお話しして、いろいろ状況が変化しておりますので、それが落ち着くまで募集をしばらく休止することにいたしました
一旦いつ里の募集も休止しいたします
長くバナーを貼っていただいて、本当にありがとうございました

ジュリーは元気です
相変わらずお母ちゃんに甘えて過ごして、フミフミ動画まで撮れるようになりました

バキケリも元気です
私が不在の間は母が来てくれましたが、いい子でいてくれたようです

親子猫のこと、
緑さんのおかげで少しずつ前進しています
無理のないようがんばります

今年もいろいろ不甲斐ないこともあると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします
2015.12.31 良いお年を
IMG_1198.jpg
甘えっこバッキー、毎日甘えています


IMG_1216.jpg
ケリーもよく寝てよく食べています

ねこたちは元気に年を越せそうです

引っ越して8ヶ月、いろいろ苦労がありましたが、来年のための1ステップだったと思えるような満足できる年にしたいです

ねこ親子のことも来年早めに何とかしたいです
緑さんが声をかけてくださったおかげで、ひとりぼっちで悩むことなく、前向きに考えられるようになりました
本当に感謝しています
今日も現場行ってきまして、クリーニング屋さん以外の店舗の方とお話できました
結構周りの店舗のみなさん、えさあげてるみたいです
糞尿についてはあまり気にしていないご様子でした
手術をしたいと思ってることとか話して、その方も少し上でエサを待ってる高齢の猫を気になさってて、家に連れて帰りたいとおっしゃってました
手段がないとおっしゃるので、それもお手伝いしますと連絡先を渡しておきました
来年、何とか少しでもうまくいくように、祈ってください

お正月は福岡に行ってきます
お義父さんが少しでも良くなりますように

いろいろと余裕がなく、ブログも滞りがちで、皆様のブログにもあまり訪問ができない1年でしたが、来年は良い年になりますように
皆様と皆様の大切な猫ちゃんたちが幸せでありますように
  
先日、現場に行きました
ガクブルしながら行きましたが、ブログにコメントくださった緑さんも来てくださって本当に心強かったです
緑さんはちょー綺麗な方でちょー緊張しました・・

クリーニング屋さんともお話して、エサやりさんを待ったのですが現れず
でもって、いろいろ新たに分かったことがあり、頭がいっぱいのゴチャゴチャです

・エサやりさんは複数いる(他所から来る人もいるし近隣の店舗の人もいる)
・自治会や町内会はない(居住者が少ない)
・近隣の店舗(飲食店)とは営業時間が合わないので交流がない
・震災後に大規模なボランティア不妊が行われた後そのまま
・数メートル先にも猫がわらわら(耳カット有り無し)
・掃除のおばさんとかみんな迷惑している
・空き地の所有者は不明(ずっと放置)

・空き地の発泡スチロールはハウス仕様になっていた(中は汚い新聞紙の残骸)
・クリーニング屋さんが開店する前にエサやりに来てると思われる
・春生まれとおぼしき若い猫も発見

想像通りですが、少し上のブロックに行くと、えさを待っているような子たちがわらわら出てきて切なくなりました
クリーニング屋さんとしばらくお話しましたが、、
自治体がないので区役所に相談しにくい、というのは理解できるのですが、こちらが考えているほど深刻な悩みではないという印象です
糞は困るけど、緑さんが「毎日は無理だけど掃除しましょうか?」とおっしゃったときには「いいよいいよこっちでやるから〜」と笑っておられたとの事ですし、自衛(エサやりしないで貼り紙等)しつつやり過ごしてる感じです
どこかに相談しようとか、交流のない近隣に声をかけるということまでは全く考えてはいらっしゃらない感じ
そして不妊とかそういうのはボランティアや猫好きがやるものだと思ってらっしゃる

こちらとしては、住民が声をあげてくれないと役所は動かないし、神戸は地域猫ありきでしか不妊手術の助成金は出ません
何より、通りすがりの優しい猫好きが親切にも不妊してくれました、ではまた猫は増えるし、エサやりに伴うトラブルも減りません
根本的な解決にはならないということです

なんとか複数いるエサやりさんのどなたかと連絡を取りたくて、えさ場の近くに手紙を置きました
で、今日現場に行ったのですが、、、
手紙、そのままでした・・・がっくり

子猫の貰い手見つけてあると言っていたらしい女性も最近見ないなーとクリーニング屋さんもおっしゃってて、ちょっと絶望的な感じ・・
そもそも貰い手見つけてある話も本当かどうか
ならば何故保護しないのか、何故不妊しないのか、疑問は尽きません
必要なのはエサやりさんのマナー+意識向上と、不妊手術、住民の方の意識を高める・・・はぁ・・難しい・・

でも、寒空の下、子猫を抱えて生きる母猫は何とかしたいです
こんな場所で出産をし、お腹をすかせながら子猫を育てるのはあまりに不憫です
その場しのぎのTNRだとしても、少なくともあの母猫には野垂れ死してしまう子猫を産ませたくないです

緑さんが会員になられている神戸のボランティア団体様がTNRに関してはご協力いただけるとのことで、本当にありがたいです
費用をどこまで抑えられるか、何匹できるのか、助成金は申し込みできるのか、いろいろ考えなければならない項目はありますが、次の出産シーズンに間に合うように何とかしたいです


********

お義父さんの具合が悪くて、おじちゃんは福岡を行ったり来たりしています
私も先日福岡に行きました
具合が悪いのに、私が来ると気を遣ってちゃんと座ろうとなさるので、何回も横になってくださいと言ってやっと横になるお義父さん
いろいろと考えなければならない年齢に来たのだと実感します
またお正月に福岡行ってきます
2015.12.15 ちょっと進展
今朝、偏頭痛で少し遅刻して出勤しまして、、ついでに毛玉の場所に立ち寄ってみました
少しパウチを与えてみると、カリカリを食べた形跡がありました

で、空き地の向かいのクリーニング屋さんのご主人がいたので、勇気を振り絞って声をかけてみました
めっちゃいい人でした
以下、ご主人と奥様に伺った話

・毎日エサをあげに来る若い女性がいる
・その女性は子猫の貰い手を見つけてあるので、子猫を捕まえようとしている
・以前からこの辺でエサをあげてて、年寄りの猫を保護したりしている
・その子以外にもエサをやりに来る人がいて、その人はあげるだけなので迷惑している
・その人にはエサをあげないで、連れて帰って、と注意している
・うんちおしっこ、片付けないエサに来るカラスのフンなど迷惑している
・死んでしまった猫を役所に連絡するのもご主人と奥様
・周りは店舗だけで、ここに住んでるのはうちだけだから、後始末はみんなうちしかやらない
・エサをあげないで、の貼り紙は奥様が貼った
・私が貼った区役所の看板には感謝している
・ここらへんは震災後から猫が増えたけど、以前不妊手術をしてくれた人がいてぐっと減った
・減ったが、エサをあげる人がいるからまた猫が集まっている
・去勢して20年くらい生きてた猫がいたが腰を悪くして、先述の女性が連れて帰った

などなど、ご主人も奥様も猫は嫌いではないし、可哀想だと思うが、とにかく迷惑しているのでエサはあげないでほしい

至極正論です
やっぱりエサ=増えるという認識で、エサをやらなくても減りませんよ、って言ったのですが、
とりあえずエサのあるとこに行くでしょ、よそに行ってくれればそれでいいんだけど、とのこと
それもまた住んでる方にとっては正論ですよね・・
んで、ただエサをあげるだけの人は迷惑だけど、子猫を連れて帰ったり、病気や怪我の猫を連れて帰ったりしている若い女性の方は容認している感じでした
要は連れて帰る、ってのがポイントみたい・・・
いなくなってほしい、のは本当にそうだと思うんですけどね、それが一番難しいですよね


まずはその毎日エサをやっている若い女性とコンタクトを取りたくて、私の電話番号をご主人に預けて、よかったら協力したいおばさんがいるんだけど、って伝えてもらえますか?とお願いしました

その方がTNRをしているかどうか不明ですが、子猫も含め、何かしらお互いに協力できることがあると思います
でもって、地域猫化は難しいと思いますが、毎日エサをあげている人がいるならば、ついでにトイレの設置や片付けなどもしてもらえれば、エサ=諸悪の根源とお考えのご主人と奥様の評価も変わると思うのです

変わればいいな・・・

というわけで、ちょっとばかし進歩したかな、と思う毛玉問題でした

とりあえずエサは食べられているんだ、と安心しつつ、不妊するならまたお金かかるな・・という心配と
んでも毎日毎日、毛玉の心配するよりずっといいです よかったごはんが食べられていて
明後日から寒くなるけど、毛玉たちでくっついて、どうかしのいでほしいです

おばちゃんのどいた隙に椅子を陣取るバキオ

IMG_1198.jpg
どきません


*******

区役所に相談しました
住民でもない私がどこまでできるのか、ということを率直に尋ねてみました

以前武蔵小杉の駅前でTNRをしようとしたときと同じ感じでした
そこの住民が声をあげないことには、役所としてもフォローのしようがない、ということ
それは正論なのですよね
ただの通りすがりが、地域猫にしてください、というのは図々しいというか何というか
せめて不妊手術だけでも、と思うのですが、ここが川崎と神戸の違うところで、
基本は飼い猫のメスに対して助成を行っていたが、昨年あたりからノラ(オスメス)へ比重を大きくし、地域猫としての同意が得られているものに対して最大8匹まで申請できるとのことでした
助成金の金額もノラの場合、飼い猫の倍です
ちなみに飼い猫としての申請は1回限りです
不妊をする=きちんと地域で管理していくという前提での助成金であります
非常にちゃんとしている、のですが、、私のようなゲリラTNR?をしてきた人間にとっては敷居が高いです
裏のエサやりさんところも、まずは不妊しなきゃという差し迫ったところにあり、
地域の同意を得て・・というのは非常に時間がかかりますから、しかもあの人近所の嫌われ者だし・・
もちろん筋としては正論ですが、なかなか難しいなと思いました
そこまでのハードルを設けるなら、もうちょっとお上の協力が欲しいなと思います
「我々が現地に行って、地域猫をやってくださいとは言えませんのでね、」
ってそれは分かるんですが、もうちょっと何かないかいなー・・・
それも住民の声だったらちょっと違ったのかな 通りすがりのおばちゃんでは・・

ふがいなくてすみません
もうちょっと考えます

木曜からぐっと寒くなるそうです
ぬくぬくと柔らかい場所で寝ているうちのねこらを見るにつけ、
寒く固い場所で寝る事しか知らない外のねこが不憫です


******


151027_071554.jpg
ジュリーも5年、外の固くて寒い場所で寝ていましたが、今はお母ちゃんとぬくぬくのふわふわのお布団で寝ています

お母ちゃんのブログ
イエネコ修行ももうすぐ3年になります
健康で賢い子です
ずっと一緒にいてくださるご家族を探しています
終の住処が見つかりますよう、応援のほど宜しくお願いいたします

satooyaboshu_julie.jpg
募集記事はこちら→いつでも里親募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。